ISO27001

情報セキュリティ方針群

 株式会社ズコーシャIT事業部(以下「当事業部」という)は、電算業務のアウトソーシング、ネットワークシステム設計・構築、システム開発、受託計算、ソフトウェア及びハードウェアの保守、データエントリー及びデータ保管等の情報サービスをご提供しております。
 当事業部の提供する情報サービスは地域社会の住民生活や企業活動に影響を及ぼす社会性、公共性の高いものであり、信頼性の高い情報サービスの提供、情報サービスの品質の確保、情報サービス提供時の環境配慮が当社の責務であると認識しております。
 当事業部はこの責務を全うし、お客様の信頼にお応えしご満足頂くために、「情報セキュリティのための方針群」を以下のとおり定め実施し、情報セキュリティの維持・向上に努めます。

情報セキュリティ方針

(1) 方針
当事業部は、当社の経営指針である「高品質」「受注力」「低コスト」「社会性」の観点から情報セキュリティに取組みます。
「低コスト」については当事業部における情報セキュリティマネジメントシステムを職員が習熟し、効率的に取り組みを行うことによって実現します。
「高品質」を保ち「受注力」に繋げると共に、「社会性」の観点から、地域社会の住民生活や企業活動に悪い影響を与えないよう努めます。

(2) 目的
当事業部が提供する情報サービスにおける機密性、完全性、可用性を維持し、またリスクアセスメントにより脆弱性を特定し、リスクに対応して、情報セキュリティの向上に努め、情報サービスの信頼性を高く保つことを目的とします。

(3) 適用範囲
IT事業部の情報処理サービス業務を適用範囲とし、情報処理サービス業務に携わる要員全てを対象者とします。

(4) 教育と違反時の措置
セキュリティに係る教育・訓練、啓蒙活動は「教育・訓練手順書」によって定期的かつ継続的に実施し、情報セキュリティの重要性について要員が共通の認識を持ち、社内規定や法令を順守するものとします。もしも違反した場合には、当社の罰則規定を適用します。

(5) 事業継続管理
当事業部の特性を踏まえ、緊急時に企業存続を図る上での要点となりうる事項は以下のとおりとします。
 (a) 顧客の事業継続への悪影響を抑えること。
 (b) 従業員と家族の安全と雇用を守ること。
 (c) 地域社会の住民生活や企業活動への悪影響を抑えること。

当事業はこれらの要点を考慮して事業継続計画を策定し、当事業部の事業活動の中断に対処するとともに、重大な障害又は災害の影響から重大な業務手続きを保護します。
2015年4月30日
代表取締役 関 本 裕 至

ISO27001登録内容

登録者及び
所在地
株式会社 ズコーシャ IT事業部
北海道帯広市西18条北1丁目17番地
登録年月日2005年3月30日
登録番号JSAI029
審査登録機関財団法人 日本規格協会 
JSA http://www.jsa.or.jp/
対象範囲以下の業務に関わる情報資産を保護するための情報セキュリティマネジメントシステム
(a)情報システムの設計・開発、運用及び保守
(b)自治体及び民間の業務支援
(c)データセンターファシリティの運用
登録更新日2015年8月17日
適用規格JIS Q 27001:2014(ISO/IEC 27001:2013)

ページ上部へ移動する