IT農業支援システム

客観的な農業情報サービスに基づく低コスト、高品質作物の生産に貢献

我が国の農業は、貿易自由化等により作物の国内外価格差を是正するため生産コストの削減が求められています。 また、食の安全性の観点から農産物の品質向上は必要不可欠とされています。 そのためには、「勘と経験」による農業から「客観的データ」に基づく農業(精密農業)への転換が必要です。 当社は、これを支援するためのシステムとして「リモートセンシング技術を活用したIT農業支援システム」を提案します。
このシステムの概要は、先ず人工衛星や空撮用無人ヘリコプタにより土壌や農作物を計測(リモートセンシング)します。 その後、計測データをコンピュータ解析することにより、田畑の土壌のバラツキを考慮した施肥マップ(可変施肥マップ)、 農作物の生育の良否を現した生育情報マップ、収穫時期の早晩を現した収穫情報マップを提供するものです。 また、化学肥料の可変投入を自動的に行うことのできる施肥機(自動可変施肥機)もあわせて開発・販売します。
現在、北海道の大規模畑作地帯を対象に、小麦の収穫情報マップ(刈り取り順マップ)、テンサイ畑の可変施肥マップ、およびテンサイ用の自動可変施肥機の開発・販売に着手しております。
今後は、農作物等の利用範囲の拡大を含め、さまざまなニーズに対応できるよう、さらなる技術開発を目指します。

IT農業支援システム

IT農業支援システムは、
  1. 「リモートセンシングによる土壌・作物の計測システム」
  2. 「GISを中核とした計測データの解析システム」
  3. 「WEBによる農業情報配信システム」で構成されています。
IT農業支援システムから配信されるいろいろな農業情報マップは、農業関係者の適確な意思決定をサポートします。

小麦刈り取り順マップ提供サービス

衛星画像だけで小麦の刈り取り順を判断することは可能ですが、この場合、提供する情報の精度にバラツキがみられることや、 天候によっては適期に画像撮影ができなくなることが大きな課題でした。
当社が開発したIT農業支援システムでは、衛星画像に空撮用無人ヘリコプタの超高解像度画像を組み合わせることにより、 衛星画像から提供される情報のバラツキを補正することが可能となります。
また、適期に衛星画像が撮影できなかった場合は、空撮用無人ヘリコプタの超高解像度画像と既存地理情報および 初期成育の良否等の情報に基づいて小麦の刈り取り順マップを提供することで安定した情報提供が可能となります。
これらの技術は、地域新生コンソーシアム事業(北海道経済産業局、H17~H18)で開発された技術です。

テンサイ可変施肥マップ提供サービス

テンサイ畑の土壌のバラツキを、空撮用無人ヘリコプタでリモートセンシングして化学肥料の投入量をコントロールするための可変施肥マップを作成します。 可変施肥マップを利用した化学肥料の低減は、生産コストの削減や品質向上、および環境負荷の軽減に有効です。

自動可変施肥機の開発・販売

可変施肥マップを利用した施肥作業を効率的に行うため、自動可変施肥機の開発・販売を行います。 自動可変施肥機は、トラクターに搭載されたコンピュータで可変施肥マップの情報とGPSから得られる位置情報を解析し化学肥料の投入量をコントロールします。
0155-33-4996総合科学研究所 アグリ&エナジー推進室
ページ上部へ移動する