封入封緘サービス

概 要

自治体が発行する各諸税の納付書や保険証等、民間が発行する請求書やDM等の帳票発送に係る業務全般をサポートしています。

発送数の枚数に拘らず、帳票等の封入封緘作業を自動化することで、手作業による煩わしい作業時間を短縮し、作業の効率化を高めています。

主要構成と機能

自動封入封緘機は、4つの主要機器から構成されています。

カッター部

請求書、保険証等の発行帳票を、指定されたサイズで裁断加工を行います。
チラシ等の発行帳票を、指定封筒に合わせた仕様で3つ折り等に紙折加工を行います。

製本部

納税通知書等の発行帳票を、指定された仕様でブッキング(製本)加工を行います。

封入部

カッター加工、製本加工された発行帳票を、指定された仕様で封入加工を行います。

封緘部

封入加工された発行帳票を、指定された仕様で封緘(封をすること)加工を行います。

特 徴

裁断から封緘までの作業工程をパソコン制御による集中管理で行っています。

誤製本や誤封入等のミス防止策に向けた各種チェック機能を充実させています。

  • 製本時の裁断、ジャム等の異常検知機能
  • 封入物の複数枚送り防止機能
  • 封入物、封入済封筒の厚さ検知機能
  • CCDカメラによるモニター検知機能

モニター検知により記録された情報は一定期間保存し、発行後のトラブル対応に向けた準備も行っています。

マルチブッキング・インサーター

ページ上部へ移動する