CO2排出削減と国内クレジット制度活用支援

概 要

省エネルギー・新エネルギー技術を活用したCO2排出量の削減、さらに削減された排出量のクレジット化をサポート致します。
2008年(平成20年)10月より、CO2の排出量取引の試行的実施として、「国内クレジット制度」がスタートしています。

国内クレジット制度とは

国内クレジット制度は、中小企業等が大企業等から資金や技術・ノウハウ等の提供を受け、協働(共同)でCO2排出削減に取り組み、その削減分を売却できる仕組みです。
これまでCO2排出削減が進んでこなかった中小企業の他、農林水産業やサービス業など幅広い分野での排出削減を促進します。
国内のCO2排出削減の支援につながり、これまで京都メカニズムクレジット購入のために海外へ一方的に流出していた資金を国内に回帰させることや再企業のカーボンオフセット等のCSR活動を推進させることができます。

排出削減事業の手続きの流れ

A.ソフト支援実施機関
省エネの無料診断や事業計画の無料支援、事業計画の審査費用の一部支援を行います。 

B.審査機関
排出削減計画の審査や排出削減量の実績確認を行います。

C.国内クレジット認証委員会
排出削減方法論や排出削減事業の承認、国内クレジットの認証を行います。

実績等

国内クレジット制度の活用を前提とした「北海道の特徴を活かしたCO2削減モデル集」(北海道経済産業局委託事業)の作成や自治体・企業・団体等の省エネ設計および国内クレジット活用へのサポートを行っております。
ページ上部へ移動する