観光振興・産業振興

概 要

住民主体による地域の観光資源調査

21世紀は、モノ、カネ、技術、情報に加え、人も世界規模で行き交う「大交流時代」といわれます。地域経済の自立化の観点からも観光産業振興の重要性は高く、産業や業種の枠を超えた「地域総ぐるみ」による観光戦略、地域経営活性化戦略の構築が課題としてあげられます。当社は、農林水産業などの地域の基盤産業の振興を視野に入れながら、北海道の豊かな自然や風土を活かした、地域の自立的発展に向け地に足の着いたソリューションを提案いたします。

エコツアーガイド養成研修

解説

身近な自然や一次産業の風景は、滞在型、体験型や選択型観光の振興にとって重要な資源です。当社では、こうした地域資源の発掘と、合わせて地域資源の魅力を訪問客へ伝えるエコツアーガイドを育成しています。

技術的特徴

現在、滞在・体験・選択型の観光が脚光を浴びています。地域の自然環境や一次産業、歴史や文化といった「地域資源」を核とした滞在・体験・選択型観光の実現は、地域経済の活性化と新産業の育成につながり、新たな雇用の創出が期待されます。
滞在・体験・選択型観光を促進するためには、「地域資源」を「観光資源」として見直し、来訪者へその魅力を紹介するための取り組みが必要です。そのため、地域資源の発掘や再認識を進め、あわせて地域の資源に精通した人材の育成を進めることが急務と考えます。
当社では、グリーンツーリズムやエコミュージアムの知識を活用し、まちづくり、自然環境、GIS等の専門技術者がコラボレートしながら、エコツアーガイドの育成と地域資源の発掘を進めます。
  • エコツアーガイド育成プログラム
    地域資源を自ら発見・創造し、管理・活用へとつなげる人材を育てることを基本理念に、人材育成プログラムを作成、実施します。
    地域のガイドのみならずホスピタリティを提供する‘まちのコンシェルジュ’の育成を意識し、ガイドに必要な知識やマナーを身につけるためのプログラムを作成、実施します。
    人材の育成に加えて、ガイド事業の起業を目指し、ビジネス化推進アクションを進めます。
  • 地域資源の発掘
    地域資源は自然動植物、文化、産業、景観等、多様な視点から掘り起こします。
    地域資源の活用や更新を念頭に、GIS等を活用した「地域資源マップ」としてとりまとめます。

業務内容

  • 育成プログラムの計画、運営
  • 講座カリキュラム、資料の作成と講座の運営・進行
  • 地元関係者、学識経験者による講演、指導
  • ニュースレターの発行
  • 地域資源のデータベース化と地域資源マップ作成
  • 自然環境等の専門員による現地調査
  • GIS等を活用したデータベース化
  • 地域資源マップの作成と更新、活用方策の検討
  • ビジネス化推進アクション
  • 受講生選抜による事業化研修の実施
  • 事業関係者の調整と渉外活動
  • ガイドの事業化へ向けたモニタリング調査
  • 広報活動

事業の内容と成果イメージ


研修風景

研修風景


その他の観光振興・産業振興業務

  • 観光振興計画
  • 産業クラスター形成計画
  • 地域産業振興計画
  • 景観整備計画・調査、景観ガイドライン
  • サイン計画・デザイン
  • 観光動向調査など観光産業振興に係る各種調査
  • 産業クラスター形成計画
  • 農業ビジネス形成計画
  • 地域情報化計画
  • 観光資源データベース化
ページ上部へ移動する