農業GIS

概 要

高品質で安定的な作物の実現を目指すために、農地に関する様々な情報を地図データと農業情報をGIS(地理情報システム)で一元化し、適切な農業経営を支援致します。

技術的特徴

システム画面例

近年、安心した農作物を供給するために、情報技術を利用したトレーサビリティシステムの構築が求められるようになりました. そのために、農地に関する様々な情報を付加した「情報付きほ場」の有効性がさけばれております。
十勝地方は日本有数の畑作地帯であり、輪作により、毎年畑の形状や、作付品種が変化いたします。われわれは、こうした変化の激しい情報に対して、毎年的 確にデータ作成を行い,地方自治体や農業関係者に最新の農地データとシステムを提供いたします。

業務内容

農地情報システムの作成・導入・保守

  • 各種機関に対応したシステムの構築
  • 農業共済組合用、引き受け図の出力
  • 各種帳票申請書類の作成

各種基礎データの作成

  • 地番図
  • 現況図
  • 作付図
  • 暗渠・明渠図

各種対策図、主題図の作成

  • 連作障害地の把握
  • 土壌分析結果による、農地の適切な把握

システム運用例

耕地情報システムを核に、自治体やJA、農業共済組合など、地域の団体が連携することで、データ作成負担の軽減し、それぞれの団体が必要なデータを取り出すことが可能になります。

システム運用イメージ

作付図作成用帳票


画面着色例「連作図」


ページ上部へ移動する