環境影響調査

概 要

開発事業に伴って実施する環境影響評価において、騒音、振動、低周波音の調査、予測、対策及び評価を行っています。
また近年は、規制基準がなく評価が難しい低周波音や、昼間は気にならない夜間の小さな音による影響の問題が増えており、様々なケースに対応した測定と対策の検討を行っています。

業務内容

  • 大気環境(大気質、騒音、振動、悪臭)
  • 水環境(水質、水質、地下水の水質及び水位)
  • 土壌(地形及び地質、地盤、土壌)
  • 動物
  • 植物
  • 生態系
  • 景観
  • 人と自然との触れ合いの活動の場
  • 廃棄物等
  • 温室効果ガス等

業務実績

  • 廃棄物処理施設の設置に係る環境影響調査における現況調査、予測及び評価
  • 大規模店舗立地法に係る騒音予測及び対策
ページ上部へ移動する